スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンチャレンジカップ 日本VSウルグアイ

こんばんわー、リニューアルしてから初のサッカー関係の記事になります

ワールドカップが終わり、監督もザッケローニからアギーレに変わった日本代表は

9月5日、札幌ドームにて



ウルグアイと対戦しました



GK 川島

RB 酒井(宏)

RCB 吉田

LCB 坂井

LB 長友

DH 森重

RCH 細貝

LCH 田中

RW 本田

CF 皆川

LF 岡崎



          岡崎    皆川    本田



             田中     細貝



                 森重



          長友           酒井(宏)



              坂井    吉田

 

                 川島



っす 



アギーレジャパンになってから初の船出になる日本代表と戦うのはカウンターが得意なウルグアイ

向こうはスアレスが出場停止なのですが、カバーニをはじめとしたワールドカップを戦い抜いた連中も数多くいました



前半は探りをいれている状態でした

ただ、日本の場合中盤がひ弱に感じました

状況を見ては両サイドのFWが下がって組み立てに参加してもいいかなと思ったけど



岡崎左じゃナァ



ただ、時折皆川にいいクロスは出してたんですよ

しかしですねえ







前半33分、ウルグアイの一点目、酒井のバックパスを狙われ、坂井のトラップミスからの失点



で、この時の吉田君どこにいたの?



吉田のポジション取りの悪さにあきれた(バックパスを選択した酒井も問題あるけどね)



これ以降は、皆川にクロスのシーンも無く

長友の左サイドの単独突破だけが目だった



そして後半25分も追加点を奪われる



これは完全に日本のDF陣が崩されていた



欲を言えば川島がしっかりセーブしていれば防げた失点だろうけど、あの状態でははじくのが精一杯

こぼれ玉を坂井がしっかり拾っていればと思ったけど、あの状況では相手選手の方が有利だったな



2点目はディフェンスの問題だろうね



結局見せ場は武藤選手のミドルシュート(バーに当たる)と

前半の田中選手のミドルシュート以外日本の見せ場は無かった



そして、後半終わり間際に柿谷と森岡と酒井(高)いれたんだけど、時すでに遅く



2-0で負けました



守備面ではミスが多く、そこを容赦なく狙われた形となりました

ほんと、ミス絡みの失点は怖いです



一番気になったのは良質なサイドのアタッカーがい無い事



岡崎も本田も元々は中央の選手、柿谷も然り

兎に角サイドからクロスを出したり、状況を見てはサイドからドリブルで切れ込める選手が皆無なのが痛い



今の日本じゃ4―3―3や4―5―1は使いづらいかもしれない



いっつもアウトサイドは長友や酒井のオーバーラップに頼っているのが現状



もし、外からワイドに攻めれるアタッカーがいればフルバック(両サイドバック)ももっと活きるだろうと思ったけど

これは難しい注文かもしれない



とはいえ、次は南米の野球王国ベネズエラとの一戦です



アジアカップも近いからナァ

日本の現時点の問題はCBのポカもそうだけど、サイドアタッカーの欠如がいたいと思うんだ・・・・

武藤や宮市、さらに原口とかが成長して欲しいなあ

そう言えば清武どこ消えた・・・・・



求む:良質なサイドアタッカー





コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
プロフィール

ふゅりるの中身の人

Author:ふゅりるの中身の人
ただのおっさんです、思った事をたんに書いているだけでした

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。