スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞表の書き方について

おはようございます、正社員になれず、満了で退職せざるを得なくなったふゅりるです


今回は辞表の書き方についてです


前の記事で自分は決められた曜日まで働かなくてはならなかったものの、マネージャーに相談して退職日前の二日間を休日にしてもらいました。





で、今回の話しはその時同時進行で





もう一人の社員の人が新しい職場が決まったので辞めるという話でした





その時マネージャーはどうしてもっと相談しなかったんだと言ってたんだけど


その人曰く、相談したら再就職は出来ないと言っていました


結局、その人は僕より早く退職になりました





その時、たまたま聞いてたのですが、その人に辞表を出せとマネージャーが言いました


で、僕にも後でこんな話を聞かされました





会社を退職する時は社員レベルになると辞表を書かないと行けないそうです


退職は一ヶ月前から相談して決める事もセットで教えられました


僕は正社員経験が乏しいので、ためになるんだかならないんだか・・・でした





後で調べたところ、大概在職中の人の転職は2週間から1ヶ月は企業のほうも待ってくれるところが多いそうです








そして、ここから本題


辞表の書き方ですが


辞表と言うのは取締役などの会社運営に関わる重役や公務員が書くのであり、一般は退職届である





社員クラスの人が辞表を書けと言われたら、退職届と封筒に書きましょう





退職届の書き方などはネットで調べればすぐ出てきますので参考に





他にも退職願と言うのもありますが、こちらもネットで調べればでてきます





ただし、退職願はお願いする書き方に対し、退職届はもう辞めると断定した書き方になります





他にも、退職したいのに受理してくれない部落企業もあります


そう言う時は、退職願を何度も何度も提出しようとしても受け取ってもらえない場合は証拠を残すために内容証明郵便で送ってしまいましょう。これは提出した証拠になります。見ていない。開封していないは通用しないものになります。





引き継ぎができるまでは退職させないと引き伸ばされ続けるケースもあるようですが、やめる意思を1~2か月前に伝えた証明さえあれば、会社側に拒否はできません!訴訟でも負けることはおそらくないでしょう。





※ぜったい訴えを起こされて大丈夫とは限りません!まずは労働基準監督署に相談してみてください。プロですのでいろいろ教えてもらえます。





ちなみに、上記はあくまで社員の場合なので、パートとかの場合は口頭で辞めますでもOKですが、やはり書いた方がいいと思います





以上、退職編でした





コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
プロフィール

ふゅりるの中身の人

Author:ふゅりるの中身の人
ただのおっさんです、思った事をたんに書いているだけでした

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。