スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでやねん

おはようございます、ゲームの休憩中にたまたまこんな記事を見ました





白血病で闘病していた17歳のプロボクサー・服部海斗さん(大成ジム)が24日午前11時、慢性骨髄性白血病のため、大阪市立大学医学部付属病院で死去した。所属ジムの丸元大成会長が明らかにした。





 13年12月に海外でプロデビュー後、14年3月に病気が発覚。昨年、父の骨髄を移植する手術を行うなど一度は回復傾向にあったが再発し、年明けからは容体が悪化していた。






僕はボクシングの事は全然分からないけど、将来を期待されたボクサーだとは思う


病気さえなければ、とおもった





なのに





片一方では努力している人が不幸で死ぬのに対し





こう言う屑は更正できると言われのうのうと生きている





よくこう言うのを掲示板で見ると、神様は不公平だとか良く言う


頑張っている人を苦しめて、こう言う屑に倖せをと





実際少年犯罪者は住所と名前ばれて拡散されても屁にも思わないだろうナァ





人殺したって許してもらえる土壌が悪い





まあ、こう言うが政治屋している時点でな





もうさ、とある芸人が言っていたが、神様に期待するのはやめようって話だ





神様は気まぐれで残酷なものだって





もし、神様が実際いるなら、宗派がばらばらな宗教をみたら、俺が正しいんだこの野郎って言うって





実際神を語る奴が大もうけしているだけ





だからかもしれないが、僕の友人は初詣は行かないと言っていた


実際、お金払ってお祈りした所で新しい自分ができるわけじゃないし、平和になるはずが無い





実際、米軍主導のイラク侵攻から10年が経過したが、同国内では何年も止まない暴力と現在の政治階級に対する侮蔑が、多国籍軍によって打倒された故サダム・フセイン(Saddam Hussein)大統領への郷愁を煽っている。





首都バグダッド(Baghdad)ではフセイン元大統領や旧フセイン政権とのつながりは非難され、政治家らに汚名を着せる口実とされているが、バグダッド北方の元大統領の地元ティクリート(Tikrit)では違う。





■止まぬ抗争、進まぬ復興





無数の国民の殺害を指示したフセイン元大統領だが、ティクリートの住民らは、失われて久しい国内情勢の安定をもたらしていたのは元大統領だと振り返る。





市内で腕時計を売る男性、ハレド・ジャマルさんは





「これからもずっとサダムを誇りに思っているし、忘れることはない」





と語る一方で





「この10年間、この国には変化も発展もなかった」





と嘆いた。





ジャマルさんがぶつけたように遅々として進まない復興へのいら立ちに加え、ティクリートに限らず多くのイラク人は、基本サービスの欠如と高い失業率にもさらされている。


ジャマルさんは誰もが挙げるもう一つの批判も口にした。旧フセイン政権の崩壊以来、宗派間の抗争が明らかに増えた点だ。





「(以前は)スンニ派(Sunni)とかシーア派(Shiiite)とか宗派間の抗争はなかった。それが今では、誰かと知り合いになった時に最初にする質問がそれだ」。





相手の宗教的背景を探るためによく使われるのが、出身地を尋ねることなのだと言う。





以下ソース


http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2934293/10377413






残念ながら神様じゃ、宗教対立を抑えるのは出来ないだろうね





結局フセインが強力だったから抑えられていたわけで


神様が抑えていたわけじゃないんだよな





宗教に関しては知識0だからコレくらいしかかけないけど


間違いなく言えるのは





殺しておいてそれを野放しにする神様だけは俺は認めない





もしも、神様いるのなら、親戚で生まれつき足が悪い人いるんだけど、二足歩行できるようにしてもらいたいんだわ





コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
プロフィール

ふゅりるの中身の人

Author:ふゅりるの中身の人
ただのおっさんです、思った事をたんに書いているだけでした

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。