スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ 第二節

こんにちは、Jリーグ第2節です、まずはJ1から





柏VS仙台





1-1 引き分け





前半31分、仙台の渡辺がセットプレーから点を取り前半リード、柏は増嶋、輪湖の負傷により、交代のカードを使わざるを得なくなったが、仙台のハモンの退場したあと、柏の鈴木が点をとり引き分け





イエローは柏が鈴木、仙台が金園でハモンが2枚累積で退場する、前節同様退場者が出たのが気になる





新潟VS清水





0-0 引き分け





静かな立ち上がりとなった試合である、新潟は田中やラファエルを中心に攻めるが後一歩が決まらない


逆に清水は新潟のコルテースの裏をついて攻めるも、こちらもゴールが決まらない


そのままドロー





イエローは新潟が平松とラファエル、清水が大前と本田である





鹿島VS湘南





1-2 湘南





前半は湘南の攻撃を消す形の鹿島は13分に金崎のゴールで先制する、しかし、後半鹿島の小笠原のファウルでPK獲得これを湘南の遠藤が決めて同点、その後鹿島は猛攻に出るが決められず、逆に湘南のアリソンがゴールを決めて湘南の勝ち





イエローは鹿島は西、湘南は高山とアリソンで、アリソンは途中交代にもかかわらず得点後2枚目のカードをもらい退場である





F東京VS横浜FM





0-0 引き分け





お互い激しい守備で点を与えず、そのまま終了


イエローは両チームとも無いすばらしいゲームである





甲府VS名古屋





1―0 甲府





立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられる、甲府は阿部拓が攻撃をチャンスを作るが、逆に名古屋の個人儀で押されるシーンも目立つ、それでも甲府は耐えて、後半36分、阿部翔がペナルティエリア手前からのFKを直接決めてゴールを決めて勝利





イエローは甲府が松橋、名古屋は無し、すばらしい





浦和VS山形





1-0 浦和





序盤から浦和が攻めるも、山形の固い守備を破る事が出来ない、後半ポジションチェンジなどをして徐々にほころびを作る


そして後半38分、相手のクリアボールを阿部がそのままダイレクトシュートして決勝点を上げる





イエローは両チームとも無し すばらしい





川崎F VS 神戸





2-2 引き分け





序盤から川崎が攻めるが、神戸の守備を崩せない、逆に前半29分、神戸の渡邊が点を取る


後半14分、川崎の大久保が同点に持ち込む、また、後半27分神戸の高橋、28分には川崎のレナトが点をとるが引き分け


しかし、ここでも誤審があったとか





イエローは川崎が無し、すばらしい、神戸はフェフージンと安田である





鳥栖 VS G大阪





1-0 鳥栖





鳥栖は激しくプレッシャーを与え、G大阪に得点を許さない、そして手数をかけずに攻撃する成果は後半4分、白のゴールとして現れ、決勝点となる





イエローは鳥栖が崔と金、G大阪が無し、すばらしい





松本VS広島





1―2 広島





前半7分、広島の柏のゴールで先制するも、松本のオビナのゴールで同点に、しかし、前半終了間際、広島の森崎浩のFKが直接決まり2―1に、松本は後半、相手の裏をつく攻めに活路を見出すが、全てシャットアウトされそのまま終了





イエローは松本が喜山と飯田、広島は森崎和である





ここからはJ2





札幌VS長崎





0-1 長崎





開幕からホーム2連勝を狙う札幌だが、長崎のプレスに対応できず、前半長崎の木村がゴールを奪う


後半に攻撃的に出る札幌だが、宮澤の退場もありそのまま終了





イエローが札幌が石井、ニウド、内村、宮澤が2枚累積で退場 長崎が黒木である





金沢VS東京V





3-0 金沢





前半11分、金沢は清原のセットプレーで得点すると、27分、辻尾の直接FKのゴールでつきはなす、さらに後半28分清原のPKで金沢の勝利、東京Vはパスワークで攻めるが金沢の守備には通用しなかった





イエローが金沢が大田、作田、佐藤、東京Vがアラン、高木、井林、ヴェズレイとカードが多い試合でした





岐阜VS讃岐





1-0 岐阜





前半10分に難波のゴールで先制する、それ以降、讃岐の猛攻をシャットアウトして勝利





イエローは岐阜がレオミネイロ、讃岐は無し、すばらしい、そう言えば前節も讃岐は無かった気がする





愛媛VS福岡





2-1 愛媛





愛媛は前半6分に西田、26分に河原のゴールで2点を取る、その後福岡も猛攻で後半16分中原が点をとり返すがここまでである





イエローは両チーム無し すばらしい





北九州VS徳島





2-0 北九州





猛攻を仕掛けたのはアウェイの徳島だが、北九州の落ち着いた守備に点を取る事が出来ない


そして北九州は後半12分小松、24分宮本のゴールで2-0として終了





イエローは北九州が小松、徳島は長谷川である





熊本VS群馬





2-2 引き分け





前半5分、江坂のゴールで群馬が先制、そして29分、熊本の嶋田が得たPKを決めて同点


さらに前半30分も嶋田がゴールを決め逆転するが、後半群馬のアクレイソンが直接FKを決め同点


このまま終了





イエローは熊本が嶋田、群馬が松下と夛田(ただ)である








大分VS岡山





0―1岡山





前半はお互いセットプレイで好機を得るも決まらず、後半岡山の押谷が決勝点を決める





イエローは大分がエヴァンドロ、兵働、ダニエル、岡山が渡邊である








京都VS磐田





0―2 磐田





京都は磐田の激しいプレスに屈し、前半21分、磐田は藤田のセットプレーから得点、さらに28分アダイウトンが得点をあげ2―0で磐田の勝ち、磐田は開幕2連勝である





イエローは京都は佐々木、磐田は無し、すばらしい





千葉VS水戸





2-0 千葉





序盤からペースを握ったのは千葉、前半29分にネイツ、さらに36分、金井がセットプレイで決める


後半は水戸の出足の鋭さにてこずるも、それでも安定した守備で点を取らせず2―0で終わる





イエローは千葉が金井と高木、水戸は今瀬である








横浜FC VS 栃木





1-1





ホームの横浜FCはポゼッションを高めて攻撃に出るもスピードに欠け、後半は栃木にペースを握られる


後半8分、横浜の小野瀬が点をとるが、12分に栃木の杉本に決められる





その後横浜はPK献上するも栃木のミスで1-1でおわる





イエローは横浜はパクと寺田、栃木が小野寺である





C大阪VS大宮





3―1 C大阪





序盤から激しいプレスで大宮を圧倒したセレッソは後半8分、玉田のゴールで先制、しかし39分にはCKから大宮の河本が同点にするも、45分に玉田の直接FKが決まり、さらに48分扇原のゴールで3-1で圧勝する





カードは両チームとも無し、すばらしい





あ、今のうち言うけど、ナビスコと天皇杯は決勝以外書く余裕が無いからかかないね





コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
プロフィール

ふゅりるの中身の人

Author:ふゅりるの中身の人
ただのおっさんです、思った事をたんに書いているだけでした

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。