スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の自分

こんばんわ、昨日は調子が悪く、仕事中おなかが痛かったり、頭痛がしたりしました
と言うのも
実は土日は店長と副店長と一緒で、しかも勤務時間が長いので
どうしてもそうなってしまいます

年季を重ねればそう言う事はないかも知れませんが
年気のない自分には辛いです
コレは僕の特殊能力?かも知れませんが、いやな予感は大概当たります

とにかく、具合が悪くなったりすると特に当たります
今日もそう言う日でした

だけど、現在は一人辞めたおかげでいくら具合が悪くても、会社で倒れない限り帰れません

実は昨日、何度か早退しようと思いました

そして、事件が起きました

誘導をミスしてしまい、副店長に怒鳴られました

夕方の疲れがどっと出る時間帯でした

誘導に立つ位置を間違えてしまい、そして誘導して、もう少しで事故が起きる所でした
実は、その場所では僕が入社する前にも事故があった場所で、それで何十万も費用がかかった場所でした

結局副店長からは、誘導の立ち位置の基本と、誘導の仕方を再度教わりました

ただし、あんまり酷いようだと、そのうちしかるべき事をすると言われました

まあ、言い訳ですが、基本僕は夕方から深夜までの勤務です
そして、土日は日勤の長いバージョンです

なので、どうしてもきつい所はあります

実際夜勤の人が日勤やるとかなりきついといってますし
特に、土日は主婦の人は休むし、人手不足なのでどうしても僕が日勤の長い時間を土日やらないと行けないわけです

正直どの時間帯でもやると決めて入社したとはいえ、かなりきついです

他にもお前はサッカー好きだから言うけど

男子代表と同じだと言われました

その意味はと言うと

課題が見つかったとか、修正するとか言うけど、結局違うところ間違えたりして、また課題探し
そればっかりだから

いい加減、ミスしないで出来るようになれと言われました

それから副店長は自分の仕事をして、僕は誘導をしていました
その時、ふと二人の自分に気づきました

一人はコレから先、ダイエットしたり、仕事を覚えて頑張ろうと言う自分と
もう一人は、もし全てだめなら精神科の先生に話して発達障碍の多い施設に入ろうという自分

正直今の仕事がダメならもう施設を考えてます

最近ですが、僕は運命と言う言葉は嫌いですが、宿命と言う言葉は非常に大好きです

運命は自分で切り開けば変えられるものだけど、宿命は変えられないもの

現に僕はいくら頑張っても些細なミスを繰り返して信頼を失うと言う事を何度も経験してます
そして、努力したくないと思った時期もありました

今はそうじゃないけど、このまま解雇されたら、これが宿命だと諦めて、施設も考えて居ます

正直若い頃は親を恨んでました、殴ったりしました
だけど、今はそう言う事はしないけど、本気で将来考えるなら、いっそ発達障碍者が多い所で暮らしたいと思います

最大限、努力はするけど、それでもダメならと考えてしまいました

その時点で最大限じゃないんですけどね(苦笑)

本当に最大限の努力をするとなると、仕事と仕事の課題のクリア以外はしてないわけで
ゲームもブログもしてないですよ

ただ、今はどうしても、頑張ってもだめなら諦めようと言う俺が居ます
諦めると言うのは自分から投げ出すのではなく、もうお前要らないと言われたら、それを宿命と受け止めると言う意味です

けど、本音言うと、いくら頑張ってもミス繰り返して±0と言うのは嫌だな

何のために生まれて来たのか分からなくなる・・・・・

+所か-になったらその時は精神科の先生と本気で話す予定です

まあ会社のほうも莫迦じゃないので、多分契約打ち切りと言う名目で解雇するかもしれませんが
今の世の中、契約打ち切りさえすればパワハラなんていらないしね

その方が楽だし、されたほうも諦めがつく

俺だったらもうイラネと言われた方がありがたいところがある
宿命として受け止めれるからね

とはいえ、入社当時よりもひどくなって行く自分がいました
昔は努力してたのにね
今も努力してるけど・・・
難しいな

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふゅりるの中身の人

Author:ふゅりるの中身の人
ただのおっさんです、思った事をたんに書いているだけでした

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。